午後はポロンナルワ観光 @ スリランカ旅行その22

 さて、ゴールデンウィークも終わりですが、年末のスリランカ旅行の記事は続きます。(^^)























 ということで、今回はPOLONNARUVA (ポロンナルワ)の古都巡りです。ポロンナルワの詳しい説明はこちら

 シギリヤのホテルから移動後に、美術品を集めた博物館にまずは寄って、その後に遺跡巡りになります。こちらが入場券です。左側のポーズの像は、博物館に展示してありました。

IMG_6649.jpg


 裏面はこんな感じです。外国人観光客の入場料が高いのは、同じですね。

IMG_6650.jpg


 こちらが博物館へと向かうところです。ちょうど中学生くらいの学生の集団と一緒になりました。

IMG_6651.jpg


 こちらの湖は、パラークラマ・サムドゥラと言って、灌漑のための人造湖だそうです。このおかげで、周辺で水田ができるようになったらしい。堤防の上が道路になっていて、移動中にたびたび通ることになりました。

IMG_6656.jpg


 堤防の上を走っていると、牛か水牛の姿を見かけました。ここはあちこちのエリアに遺跡があるので、見学にはバスやトゥクトゥクを使うほうがよさそうです。主な見学場所には、先ほどの入場券をチェックするゲートがありました。

IMG_6660.jpg


 こちらは古代の図書館あとにある石造です。ごらんのように屋根が設置しています。

IMG_6666.jpg


 地面から出ている岩を削って作られているらしい。モデルはここを支配した王様で、パラークラマ・バーフ一世との説が有力らしい。

IMG_6670.jpg


 道を歩いていると、あちこちにこんなものがありました。蟻塚だそうです。

IMG_6671.jpg


 仏教の寺院や宮殿のあとなどがたくさんあって、日本だと奈良や飛鳥といった感じでしょうか。石造りや煉瓦造りが多いので、同じ仏教と言っても雰囲気は全く違いますが。




IMG_6674.jpg



IMG_6678.jpg






IMG_6681.jpg




IMG_6683.jpg





IMG_6686.jpg



 これまた移動中に見かけたパラークラマ・サムドゥラで泳ぐ子供たちです。

IMG_6692.jpg






IMG_6697.jpg


 狛犬?と思いましたが、どうやらこれは獅子だそうです。三越の前のライオンとはだいぶ違う感じです。

IMG_6700.jpg




IMG_6703.jpg



 こちらはパラークラマ・バーフ1世の宮殿跡です。柱と壁はありますが、現在は三階建ての高さまでが残っていて、天井はない状態です。最初は7階建ての高さだったそうです。

IMG_6707.jpg




IMG_6727.jpg




IMG_6729.jpg



 昔の遺跡でもありますが、現在でも宗教の場所でもあります。こちらは屋根がかかっていて、補修中のしょうです。

IMG_6731.jpg



 左側がワタターゲという遺跡です。ここも中に入るときは靴を脱がなければいけません。

IMG_6734.jpg


IMG_6736.jpg


 場所によっては、中に入るのに、土足禁止(靴下は大丈夫)で帽子禁止の場所が多いです。こちらはマンホールではありません。

IMG_6738.jpg


 御覧の通りに、象がたくさん描かれていました。裸足で歩くと、足裏マッサージの効果が期待できそうです。

IMG_6742.jpg

 天井はありませんが、内部の仏像はしっかり残っていました。

IMG_6744.jpg


 こんな風に崩れた石の柱が置いてある場所もありました。中に入るときは、気を付けたほうがよさそうです。また、ここでも猿の姿があちこちで見かけました。

IMG_6750.jpg



IMG_6754.jpg


 ちょっと近くにいくと、怖そうな感じです。

IMG_6757.jpg


 基本的は仏教の寺院が大半ですが、ヒンズー教の寺院もありました。この辺のことは宗教上のデリケートな部分なので、スルーしておきましょう。


IMG_6771.jpg


 入り口にはこういう注意を書いている表示があります。

IMG_6772.jpg



 ひときわ大きなこの仏塔は、ランコトゥ・ヴィハーラというらしい。そろそろ夕方で暗くなってきています。

IMG_6782.jpg




 さらに移動して最後に行ったのが、こちらのガル・ヴィハーラです。岩を削って作られた仏像が並んでいます。

IMG_6799.jpg


 元々は屋根があったそうですがそれがなくなって、現在は屋根を設置しているらしい。左から、座像です。

IMG_6801.jpg


 真ん中にある立像は、ほかの二つと比べると小さく感じますね。

IMG_6802.jpg


 そして、右にあるのがひときわ大きな涅槃像です。ちょっと大きさがわかりにくいですね。

IMG_6806.jpg


IMG_6810.jpg


 向かいの岩の塊に登ると、三つの像を撮影できました。ズームはもちろん広角いっぱいです。人と比べるとその大きさがわかりますか。


IMG_6813.jpg


 なんとか夕暮れに間に合いました。本来はポロンナルワだけで一日ではもったいないくらいの見どころがありました。暗くなった道路をバスでホテルへと戻りましょう。


 ブログランキングならblogram
にほんブログ村 旅行ブログ スリランカ旅行へ にほんブログ村 グルメブログ グルメ情報へ にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ 
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村
お手すきのときに上のボタンを押していただくと、はげみになります。
関連記事
スリランカ旅行

8 Comments

ぽよん  

禁止事項が絵で描いてあるので、分かりやすくて良いですね。

2018/05/13 (Sun) 11:33 | EDIT | REPLY |   

sarukitikun  

こういう像はかなり見てみたいですね〜凄く神秘的な感じがします〜(笑)(^o^)丿

2018/05/13 (Sun) 16:16 | EDIT | REPLY |   

越後屋百恵  

すごいなー♪

こんげとこ興奮します(笑)
遺跡って大好きなんさねv-238
私もGWにそれっぽいの観てきたよ♪
古代のしょがこしょた遺産を遺しておくって大事なことらと思います
認定されれば遺産、そーでないと廃墟だがね
佐渡の金銀山も認められるといいな~
ポチ☆
美容院から戻りました(笑)

2018/05/13 (Sun) 16:28 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/13 (Sun) 22:55 | EDIT | REPLY |   
てつあん

てつあん  

ぽよんさんへ

> 禁止事項が絵で描いてあるので、分かりやすくて良いですね。

靴は入り口でちゃんと脱ぐのですが、
帽子を脱ぐのを忘れがちなので注意しましたよ。(^^)

2018/05/14 (Mon) 12:31 | EDIT | REPLY |   
てつあん

てつあん  

sarukitikun さんへ

> こういう像はかなり見てみたいですね〜凄く神秘的な感じがします〜(笑)(^o^)丿

博物館の中も見ごたえがありました。
でも、屋外の巨大な石仏は、圧巻でしたね。
このエリアは、一日かけてもまわりきれいなみたいです。

2018/05/14 (Mon) 12:33 | EDIT | REPLY |   
てつあん

てつあん  

Re: すごいなー♪ 越後屋百恵様

> こんげとこ興奮します(笑)
> 遺跡って大好きなんさねv-238

その時代の文化とか宗教とか政治とか、いろいろと見えてきますね。
廻るエリアが広いので、見どころもたくさんでした。


> 私もGWにそれっぽいの観てきたよ♪
> 古代のしょがこしょた遺産を遺しておくって大事なことらと思います
> 認定されれば遺産、そーでないと廃墟だがね
> 佐渡の金銀山も認められるといいな~

んだ、かずちゃんの記事も読みましたよ。
アンデスは、いいよね~♪
とコメントしようかと思っていたら、コメント欄が閉じていました。
悔しいので、ここに書いておきます。


> ポチ☆
> 美容院から戻りました(笑)

ありがとうございます。
ぴょんぴょんの修正もしてもらったのかな。(^^)

2018/05/14 (Mon) 12:46 | EDIT | REPLY |   
てつあん

てつあん  

ナイショさんへ

こんにちは~

どれもすぐそばまで寄っていけるので、じっくりと見ることができました。
ここは事前にもうちょっと予習しておいたほうが、楽しめたような気がします。

スリランカでは、あちことでお猿さんを見かけましたよ。

2018/05/14 (Mon) 12:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment