かなりがっかりしました

 本日はがっかり記事なので、コメント欄を閉じさせていただきます。

 ここはとある中華料理の焼き物のお店です。以前に何度か訪問したことがあって、店舗が移転したというのでいってみました。
 注文したのは、皮付きの豚の焼き豚と、あひるの焼き物の丼です。店名とか料理の正式名とか価格は、控えさせていただきます。

IMG_0648_20200118214037227.jpg

 ごはんが入った丼の上に、二種類の焼き物がのっています。青菜と味付け玉子の半分ものっています。小皿で添えられているのはザーサイです。以前から、スープは付かなかったのかな。


 皮付きの焼き豚ですが、皮がぱりぱりを通り越して、バリバリというかガリガリです。そのまま食べていると、お店の接客担当の店員さんが「骨は食べないでください」と声をかけてきました。となりのあひるの骨を噛みくだいていると思われたようです。
 店員さんはすぐに、がりがりの皮の部分を食べているのに気がついて、そのまま店の奥へと引き返してしまいましたが。

IMG_0651_20200118214041aa3.jpg


 食感も良くないけど、味もけっこう苦いです。皮の下の脂身と肉の部分は問題ないですけどね。これはお客さんに出すレベルの商品ではないと思います。うーん、他のお客さんがいなかったのは、ひょっとすると~

IMG_0657_20200118214043359.jpg


 もうひとつは、あひる肉の焼き物です。鶏肉の焼き物はけっこうあちこちでいただけますが、あひる肉を気軽に食べられるのは、中華街にいくのが間違いないわけです。

 こちらも皮付きですが、きれいに焼けていました。肉の下には骨がついたまま、カットされています。

IMG_0656_20200118214042e0c.jpg



あひるリフト


IMG_0662_20200118214043423.jpg

 こんなふうに下の方がカットされずに、つながっていました。普段なら笑ってすませるところですが、豚の焼肉のがっかり感から、こんな些細なことも気になってしまいます。骨付きのあひる肉のほうは、ちょっと堅いけど普通にいただけました。


 コメント欄は閉じているので、店名などは聞かないでくださいね。

  
にほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ スリランカ旅行へ にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ 
お手すきのときに上のボタンを押していただくと、はげみになります。

関連記事
横浜中華街
中華料理中華街